ページ内を移動するためのリンクです。

トップ > スイーツトップ > YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St 新橋で肉とフュージョン料理コース 

YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St 新橋で肉とフュージョン料理コース 

縄文弥生のぼよよん日記

{BF1F7659-701E-4329-9AA0-307E09D80636}

玉手箱から、肉がじゃじゃじゃじゃーんと登場。

肉のイリュージョンやー。と盛り上がっていたある日の私。

料理だけでなく、いろいろな仕掛けがあるとワクワクします。

それも、雰囲気が良い店であるとより一層、特別な時間を過ごしている気持ちになります。

 

焼肉ふたご、2015年5月に ニューヨーク17番街にオープンしたYakiniku Futago NYC
THE MICHELIN Guide 2017 New York Cityを受賞し話題になってます。その話題の店が新橋へ逆輸入。

 

店の名前はYAKINIKU FUTAGO 37 West 17th St.

 

読み方は、ヤキニク フタゴ サーティーセブンウエスト セブンティーンスストリート

2017年8月にオープンして以来、肉好きな食べ歩き仲間と気になっていたので、行ってきました。

今回は全10品のUnion Square ( ユニオンスクエア )コースとワインペアリングを楽しみました。

ワインペアリングはスパークリングワイン1杯、グラスワイン3杯の計4杯で4,500円。

 

{04F5BB14-EBF5-4EC7-B542-290E161FAB86}

最初は泡

泡をゆっくり楽しんでいると・・・

 

{2E74613F-7930-4D6F-8128-62C7ED51440D}

箱が出てきました。

なにか和風のものが登場なのかしら?

 

{0EB8D17F-E6FF-4039-B250-C4553E54128B}

蓋をあけると、トリュフの香りがふわっと広がります。

あれれ?石?どこに食べ物があるのかしら・・・食べ物はどこ???

よーく見ると…柔らかそうな黒いものがありました。

こちらは、The garden と名付けられたAmuse。

日本庭園のどこかを切り取った感じ。和の世界を目で楽しめます。

 

{F829CFAD-3BE0-48AD-AFD8-34EC05E09C19}

石にみたてたものは、なんと、黒毛和牛のミンチカツ。

衣が付いていないタイプのものです。

トリュフの香りがふわっと広がるジューシーなミンチカツでした。

{BCFD6E1C-015B-4719-8856-48EEED429D02}

Appetizer 4種類ありました。

 

{7C713E2A-005A-4AC3-A2C4-F3036F4D9D71}

白ワインと一緒に楽しみました。

{A2810248-A2D1-411F-B76F-EED64C415C74}

白ワインはMuscadet Sèvre-et-Maine Clos des Grands Primos

ミュスカデ セーヴル エ メーヌ クロ デ グラン プリモ

南フランスのワインです。

フレッシュでフルーティーで甘すぎず香りが良い白ワインはAmuseとの相性が良かったです。

{321A3C4D-CC1A-49C5-9A95-E243101E31E5}

 

季節の一品はグリルした秋茄子にニンニクと秋茄子のピューレ。

にんにくチップの食感とピューレの味わいと秋茄子。季節を感じる一品。

茄子とにんにく好きな私はツボでした。

 

{661EBAF8-3C8E-4D2A-8090-5B10FFD990B3}

◯◯のトマト。さっぱりとしている一品。

◯はお店で確かめてみてくださいね。

 

{7C18C0C6-2D6D-43E1-9527-2A2A93BFFF54}

King of Kim chi 

まぐろ、いか、あさりをキムチの葉で包んだ一品。

 

{86C6AE1D-22D6-4283-AE0E-06B12809C85D}
肉ウニ
大葉と黒毛和牛とウニと玉ねぎを海苔で巻いて味わいます。
個性のある食材が味として一つにまとまっているのがとても良かったです。
 
肉をメインとした料理を出す焼肉店であることを忘れていました。
 
 
 
 
{081AB111-5AD6-408D-AC99-BA1C6D035987}
本日の塩焼 生タンと和牛ハラミ
左から厚切りタン塩、薄切りタン塩、ハラミです。
私たちが訪れた日は北海道産の黒毛和牛でした。
*日によって産地は変わることもあるそうです。
{C1910A44-0658-4CF6-B695-6219D5EA6B73}
薄切りタンとはいえ、しっかり厚みがあるかも。
 
{E17D9F1A-518A-49BF-99C2-72F663318322}
パイナップルを使ったレモンだれはタンとの相性がバッチリ。タンの旨味を引き出します。
厚切りと薄切りの2種類のタンは、牛の舌の部位が2種類楽しめるので味と食感の変化が楽しめました。
コース構成が良いと感じました。
{D1EB112F-83EB-426C-9964-106341F92FB1}
ハラミも旨味がしっかりとありました。塩で味わうハラミが好きな私も好きな味。
{135D45ED-446B-4761-8045-2B6B148595B0}
赤ワイン MARANGES 1er CRU
肉にとてもよく合います。
 
{3543A9D7-AB0F-4FE7-AA59-65B516AA9A69}
ブーケに見立てたサラダ。
6種類の野菜と2種類のハーブが使われています。
ドレッシングは近年注目されている、奇跡の果実といわれるカラマンシーが使われています。
カラマンシー、シークワーサーに近い柑橘という感じです。
 
{5D8191DA-F6AC-4453-B718-67B54A291B95}
目の前でチーズが削られてます。
{505C4111-1244-4025-BBFF-48A617AFF19B}
チーズがふんわりかかっています。野菜との相性が良かったです。
 
 
{CAC61735-79D6-48A9-BCF2-7CF0E7E68402}
ホタテとエシャロットが入った器登場。
何かしら。
本日のスープ、B掬うスープ。
なんじゃ!このネーミングと思いました。
 
{54865909-A0BE-449A-B1B2-89F6BECBFE90}
目の前で2日間煮込んだ赤海老のスープが注がれます。
 
 
{4E2AB219-9DB9-4B0F-BC5E-E44845BA1A64}
ホタテもエビも個性のある味ですが、まろやかに調和しています。
どちらの風味もバランス良く引き出しています。
{CC093FB7-4686-4782-989F-3FEB73913140}
最初に紹介した、玉手箱の肉は本日厳選黒毛和牛。
{4E35BC3B-52A7-4AA6-83BC-850B55061BA8}
黒毛和牛のミスジが登場。
*肉は日により違うとお聞きしました。
 
{3376A70B-0FE9-4EEF-A974-D959885A8558}
青森県産にんにくチップス、本わさび、洋わさび、ヒマラヤ岩塩で楽しみます。
{5902C9FD-F8E8-4887-B6EE-FBA2F1706C38}
わさびとミスジって最強の組み合わせ。
シンプルな味付けで楽しめる肉が楽しめます。
{F70DC9A1-7C0D-49C9-A38B-641EBEB8AD36}
本日のたれ焼きはホルモンとカルビ。
あれ?横に釜も?
{03C55DCB-9D94-41DC-98AC-E063C3155A3F}
じんわり焼きます。
 
{41A9BBD5-B64E-46BC-88A4-3CFEC4CC4558}
赤ワイン2杯目。たれ焼きによく合うしっかりした味わいのフランスワインでした。
焼肉はわさびか塩で味わうことが多い私も満足するたれの味わい。
ホルモンとたれの相性がよく、あっという間にペロリ。
{A5F9D537-5B98-4E06-9336-A60A618FD3F0}
釜に入っているのは白飯。焼肉オンザライスもできちゃいます。
白飯と一緒に特製ダレの壺に漬けられた肉が楽しめます。
薬味の青唐辛子やネギと一緒に楽しみました。
 
{1E285853-228C-4F47-B7B4-124640C77A54}
−196度冷麺
12種類の具材を鰹だしで煮込んだスープの旨味がたまらない。
 
 
{2501A8BF-71AD-43CA-AFBE-0AF6AC05216C}
−196度の液体窒素で瞬間冷凍した麺のプリッとした食感がたまらない。
プリッとした麺好きにお勧めです。
盛岡冷麺の麺がこのような食感で味わえるとは、新たな発見でした。
 
{26C6019D-49BF-4D5C-9467-4D39E459714A}
デザート
美味しくてごめんなchai
チャイと生クリームをムース仕立てにしたもの。
食感がなめらかで上質な味わいでした。
秋を感じさせる器の上で楽しめました。
{DFB606BC-E9D6-463D-97B7-20AD667B6579}
飲み物はコーヒーかハーブティーから選べます。
{4F096B8A-FCFF-4A8B-8842-989E2BEEE4E1}
趣のある器に入っていました。
 
見た感じ少しずつでしたが、おなかいっぱい。
 
肉だけでなく目で楽しむことができる様々な料理。
肉がメインのコースで楽しむ料理の構成力があると感じました。
私の場合、ワインは好きなのですが料理に合うものが飲みたい。
そんなときにワインのペアリングがあるのがとても良いです。
もちろん、アルコールを飲まない方にもノンアルコールカクテルペアリングがあります。
炭酸系カクテル・フレッシュ野菜のカクテル・フルーツジュースのカクテル2種 合計4杯で3,500円です。
 
今回私たちはコースで楽しみましたが、「肉のキープ」ができる店なのです。
焼肉業界初のオーナーズビーフ制が楽しめるのです。
システムは、オーナーが上質な牛肉の塊(3kgから)を買い取り、店内のミートセラーで保管。
スタッフが肉の熟成具合や残りのグラム数や消費期限を管理。オーナーが来店のときに最高の状態で
提供するサービスです。
MY肉が楽しめるのです。オーナー以外にご一緒の方も楽しめます。
ということは・・・。
「僕(俺)がキープしている肉があるから一緒に行かない?」とデートに誘うこともできるのです。
女性もきっと、おっ!て思うはず。
 
様々な仕掛けが面白いだけでなく、趣向を凝らした店内の雰囲気もラグジュアリー。
 
これから、クリスマスや様々な集まりのシーズン。
いつもと違うラグジュアリーな雰囲気を楽しみたい時にオススメです。
今回ブログで紹介しませんでしたが、入店する時からの様々な仕掛けが楽しめました。
個室の仕掛けも面白かったので、ご興味がある方、ぜひ体験してみてください。
 

YAKINIKU FUTAGO 37west 17th St
YAKINIKU FUTAGO 37west 17th St
ジャンル:新しい焼肉のカタチ
アクセス:都営三田線内幸町駅 A1番出口 徒歩3分
住所:〒105-0004 東京都港区新橋2-11-10 HULIC&New SHINBASHI2F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新橋×焼肉

YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St焼肉 / 新橋駅内幸町駅虎ノ門駅
夜総合点★★★★☆ 4.0

 


>> 続きをみる

縄文弥生のぼよよん日記の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

縄文弥生のぼよよん日記

「縄文弥生のぼよよん日記」ブロガーページ

縄文弥生さん

街角のオトク情報、旅行、温泉。料理教室・イベント情報を紹介しています。レシピ、お取り寄せ、食材、アンテナショップの情報満載です。様々な商品やサービスを使った感想も書いています。

消費生活アドバイザーに2010年2月に合格しました。趣味は料理、マウンテンバイク、食べ歩き。MacBookProを最近買いました。

>マイページへ

>このページをお気に入りに登録!

>URL:http://ameblo.jp/odamari2424/



▼ココビタ 基本バナー(小)88×31
 このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。



▼ココビタ 基本バナー(大)155×222
 このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。


ページトップへ戻る

新着記事

now loading...

新着ブロガー

now loading...